農業で住みます芸人in仙台

へそ大根

2017年2月 2日(木) | | コメント (0)

へそ大根とは

初冬に収穫された大根を輪切りにして茹でた後、断面の円の中心付近を1m程度の竹串に次々刺していく。これを、日は当たるが雪には当たらない軒先などに並べ、約1ヶ月間干すと、飴色の「へそ大根」となる。概ね、12月から1月にかけて大根を煮て干す作業をし、2月半ばには完成となる。

完成すると、竹串が貫いていた部分が穴として残り、それがへそのように見えることから「へそ大根」と呼ばれるようになったという。なお、完成品を煮ると繊維の配列が戻り、この穴は小さくなる。

とのことです。。。某サイトさんありがとうございます。



写真見せた方が早いね!


こんな感じで大根を干すの!

キンビス畑にまいた大根がいっぱい出来過ぎちゃってなるべく使う為にへそ大根にしたの。

へそ大根を煮物でたまに食べるんだけど味染みててうーーーまいんです。。。

出来上がったら煮物作ってまた報告します。

コメント

コメントを投稿

« おかずクラブさんが!!! | メイン | 農業検定 »

  • 『新規就農受け入れ情報!!
  • 『ブランド米』発売情報
  • 仙台市
  • 全国共同出版
  • 地域情報
  • よしもと住みます芸人47web
  • バナー募集中!