衝撃デリバリーの農業日記

俺らのとろろ

ども!ども!

衝撃デリバリー 佳津山です!

今日は、衝撃デリバリー畑のことを書くコーナー!

『デリバリーファームステーション』

です!✨

みなさん、自然薯(じねんじょ)ってわかります?
僕知らなかったんですよ。
なんか、難しい本?かなって思ってたら、

Image



実はとろろのことでした!!

ヤマイモですね!

全然知らなかった。
難しそうな本じゃなかった。

え!てか、これを畑で作れるのか!
イモだもんね!

めっちゃ、とろろ食いたい楽しみ!!

早速やってみよう!!

Image_2



まずは、30㎝の深さまで掘ります。
横幅はだいたい25㎝くらいです!

今回一緒にやってくれるのは
ヤマダヨシカツ先生です!

ヨシカツ先生お願いします!!

Image_3



長イモや、ヤマイモは植え方が結構特殊で、

クレバーパイプと言われる
自然薯専用のパイプを使います。

土はなるべく肥料をふってない土を使わなければ
行けないのですが、衝撃デリバリー畑は肥料を全体にふってあるので、
『山砂』を取ってきて、パイプの中に山砂をつめました。

Image_4



パイプ(8本)の受け皿を30㎝間隔あけます。

受け皿は山砂でパンパンにし、

だいたい10〜15度の角度をつけて、
パイプを埋めます。

Image_5



受け皿に中心に案内棒(今回は割り箸20㎝)をうえ、
土を被せます。15㎝くらい被せ、5㎝箸が出るように植えました。

Image_6



そのあと、箸に自然薯の発芽点が合うように植え、
覆土します。

結構むずいな!!

自然薯!!

Image_7



今回は芽がもう出ており、
ツルも結構伸びていたので、

支柱ネットをはりました!

竹で支柱を、ネットはきゅうりネットを使いました!

Image_8



イノシシに自然薯を荒らされないように、
柵をつくり、

畝の頂上部から、10㎝以上離して、両側に肥料を撒き、
藁マルチをひきました!

本当だったら、白黒マルチ(白黒使い分けに便利なマルチ。白は高温対策、黒は低温対策など、裏表で使い分けられる)なのですが、今回藁マルチで挑戦!

理由は、藁マルチがそこにあったから。

です!(笑)

収穫は、12月過ぎのツルが枯れてから2週間後くらい。

といっても、結構土の条件が完璧ではないので、

成功するかはわかりませんが、

まじでとろろ食いたい!

獲れた野菜結構を友達や家族に送ったりしてるけど、
自然薯は絶対送らない!(笑)

あー。

楽しみだ。

衝撃デリバリー 佳津山

コメント

コメントを投稿

« 6/24「蛍と平家琵琶の夕べ」告知 | メイン | 桃鉄はゴールを目指すゲームではない。相手を貶めるゲーム »



佳津山 インスタ


クリック

  • 農業で住みます芸人HP
  • 『新規就農受け入れ情報!!
  • 『ブランド米』発売情報
  • 仙台市
  • 全国共同出版
  • 地域情報
  • よしもと住みます芸人47web
  • バナー募集中!