お野菜太郎といいじまたくまの農業日記

2018年4月~お野菜太郎とイイジマタクマの農業日記
2017年4月~2018年3月は『衝撃デリバリーの農業日記』
2016年4月~2017年3月の『キングビスケットの農業日記』

佳津山と勝山

2017年6月27日(火) | | コメント (1)

おばんでーす!

『勝山』と良く間違えられる
衝撃デリバリー 佳津山です!
ちゃんと『かつやま』は3文字だから!
そこんとこ宜しく頼むぜオイ!!

Image_8



昨日、『OH!バンデス』の放送は
見ていただけましたでしょうか?

5/27のロバート馬場さん、仙台ガールズプロレスリングの
皆さんとの田植えの模様が放送されました!

約一カ月が経つみたいで、ほんとあっという間ですね!

さてさて!!

今日は珍しくお酒のことについて、
書きたいと思いますよ!

お酒は和田は一滴も飲めないし、

俺も焼酎とか日本酒は苦手で、
そんな強くはないんですよ!

坪沼のみなさんは本当にお酒が大好きで、
毎日飲んでるイメージあるなぁ!

日本酒を常温で飲むのがすごいと思う!

熱燗か冷酒にして飲みたい。

常温て!そのままの味が伝わるのはわかるけど!

水も冷たい方が美味しいじゃん!

不思議だぁ〜坪沼人!
それとも俺がまだ子供なのか??

そして、仙台でこんなお酒を見つけました!

Image_9




Image_10



『勝山』

おー!字は違えど、なんかテンション上がった(笑)
しかも、仙台のお酒らしい!!

大学生のころ、東京農業大学の醸造科学科、
日本で唯一お酒が作れる学科にいたので、

そのとき、『佳津山』っていう酒作ります!

とか言ってたけど、既にあった(笑)

しかも、運命的にも仙台に!!

これはまさしく!!!

ディステニー!

*勝山は、元禄年間に伊達政宗公を藩祖とする伊達家六十二万石の城下町仙台にて創業して以来、三二〇年以上の間、仙台を代表する銘酒醸造元であり 宮城県で現存する唯一の伊達家御用蔵として酒屋の技術的模範と御用蔵の暖簾を守り続けております。

そして!!

Image_11




Image_12



秋保ヴィレッジで、『勝山 献(けん)』を購入!!

おー!!

勝山と佳津山のイリュージョン!

かっけぇー!

Image_13



『勝山 献』は
酒造好適米の山田錦を丁寧に醸した、
上品な香りとお米の旨味がきれいに調和した、味わい豊かな食中酒。

そしてなんとなんと!!!

2015年-2016年 日本最大の日本酒鑑評会[SAKE COMPETITION]純米吟醸の部にて、2年連続日本一位に輝いたお酒だそうです!!

す、素晴らしい!!!

まるで、佳津山じゃないか!!!

日本一という言葉に惹かれ、

日本酒そんな好きじゃない佳津山が、

勝山即買いしてしまった!!

どうしよ。和田も飲めねーしなぁ。

僕らのパパとママの
宮司さん、かずこさんと飲もうかなぁ〜!

Image_14



勝山の日本酒は冷やしてワイングラスで飲むのが最適らしい!!

いやワイングラスねーよ!

そんなときは!

淵が薄手の背の高いグラスを使い、
下三分の一程にお酒を注いで飲むのがいいみたいです!

その他に、色々な飲み方があり、

上の画像の

クラッシュアイスで満たしたグラスに、
レモンを搾り最後に酒を注いだり、

Image_15



お酒4:ジンジャーエール3で注いで、
最後にレモンピールを一振するのもいいみたいです!

へぇ〜!
ジンジャエール割りか!これなら飲めそうだ!

次の日仕事がなんもないとき、飲んでみよーっと!

衝撃デリバリー佳津山

コメント

山下かおり@坪沼畑14番です。
いつもブログ楽しく呼んでいます。
今、話題の将棋の藤井四段が和田さんの名前を出してました!
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170628-00000004-tospoweb-ent

コメントを投稿

« 思ったより内容のない一日だった | メイン | はじめての味噌づくり! »

  • 農業で住みます芸人HP


お野菜太郎 Instagram


クリック



  • 『新規就農受け入れ情報!!
  • 仙台市
  • 全国共同出版
  • よしもと住みます芸人47web