お野菜太郎といいじまたくまの農業日記

2018年4月~お野菜太郎とイイジマタクマの農業日記
2017年4月~2018年3月は『衝撃デリバリーの農業日記』
2016年4月~2017年3月の『キングビスケットの農業日記』

草刈りは危険だらけ

2018年7月12日(木) | | コメント (2)

どうも、いいじまたくまです。


昨日と今日は宮司さんからお願いされて、ソーラーパネルがある場所の草刈りをしました。
草刈りは何度もやっているのでだいぶ慣れてきました。
しかし慢心は思わぬ悲劇を生みます。


まず日差しが強く湿度が高いので、メチャクチャ蒸し暑いです。
なので大量の汗をかきます。
1時間でタオルはビショビショになりました。
さらには被っていた帽子から汗がしたたり落ちてきました。
こまめに水分補給をしないと熱中症になりとても危険です。


そして注意しなければならないのは、虫です。
雑草にはたくさんの虫がいるので、中には危険な虫もいます。
例えば蜂。
種類によっては猛毒を持っているので、刺されないよう注意が必要です。

もちろん僕は昨日刺されました。
しかも同時に2カ所。
でもお野菜さんのつねりの方が痛いので何の問題も無かったです。
スズメバチではなかったので命に別状はありませんし。


スズメバチといえば、今日草刈りしていたらスズメバチの巣がありました。

C9ad8db0671f4bac84a001ca587789f3



お野菜さんが見つけ、見たこともない変わった形だったのでネットで調べたら、初期のスズメバチの巣だったそうです。
蜂の巣は危険なので、業者に駆除してもらうのが良いはずです。
なので宮司さんに報告したら、「ちょっと待ってて。」とのこと。

業者を呼んでくれるんだと待っていたら、10分後に到着したのはツナギを着た宮司さん。
手には市販のスズメバチ用スプレー。
え、宮司さんがやるんですか?
「初期の巣だから大丈夫大丈夫。」と言いながら巣に近付く宮司さん。
ネットによると初期の巣でも2〜300匹いるらしいけど大丈夫かな?

僕らの心配をよそに宮司さんはスプレーを巣にめがけ噴射し、近くにあった棒切れで巣を叩き壊しました。
「中に蜂いないし大丈夫だったね。」
その言葉とスプレーを残し、宮司さんは颯爽と帰って行きました。
※宮司さんは特別な訓練を受けています。一般の方は真似をしないで下さい。


このように草刈りは危険と隣り合わせです。
草刈り機で雑草をなぎ払い、細心の注意を払い、不安要素を振り払って下さい。
どうしてもそれが出来ないという方は、業者を呼んで、お金を払いましょう。


いいじまたくま

コメント

🐝ハチは、坪沼では「スガリ」と言います🐝
ハチ(8)は苦(9)にならない?

アリガトウございました家の分のソーラーパネルの草刈りまで、して頂きましてアリガトウございますm(__)m

コメントを投稿

« またもや | メイン | 玉転がし »

  • 農業で住みます芸人HP


お野菜太郎 Instagram


クリック



  • 『新規就農受け入れ情報!!
  • 仙台市
  • 全国共同出版
  • よしもと住みます芸人47web