加藤アプリの農業日記

新規就農者さんと、対談♪(⚫️A⚫️)b

2017年10月15日(日) | | コメント (0)

だぅも!!


むいさーむいさー_:(´ཀ`」 ∠):


本日もあめんこにより、劇的にむいさーむいさーでございます_:(´ཀ`」 ∠):


ガクブル。

そんな最中モナカ。 あたくし新規就農者のある方とお話ししてきました。

唐崎くん(26)と言う青年で、和歌山県から鳥取大学に進学した後Iターンで新規就農者になったそうです。

大学4年の時に湯梨浜の梨農家さんのお手伝いをしたのがきっかけだそうで、高校生の時から土をいじったりするのが好きだったそうで(๑・̑◡・̑๑)


なんで鳥取の湯梨浜町で農家になろうと思ったのかと聞いたら

→鳥取で梨作りで言ったら湯梨浜町の東郷だし、選果場も農協もしっかりしてると思ったのでとの事。


こっちに来て苦労したことは何かと聞いたら→農地確保や住まい探しが少し苦労したけど、農協やいろんな人達が助けてくれたので大丈夫だったそうです!

就農一年目でまだ研修の状態の唐崎くんですが、これからもしっかり梨作りをしていきたいそうです( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

若き農家さんと話せる機会があって良かった、あたくしも色々勉強になりました_:(´ཀ`」 ∠):

そして最後に唐崎くんからコメントいただきました。

「ゆりはまは東郷果実部があるので安心してください」←そのまま掲載


だそうです( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

389ce8395ae1466f827f74ded93f255b



こう言った若者にもっともっと会いたいものですな。


それではしーゆーれいたー♪(⚫️A⚫️)b

観光ガイドの会にて講師の先生♪(⚫️A⚫️)b

2017年10月14日(土) | | コメント (0)

どぅみんごるんごん!

どうも。


もうすぐ美味しいカニの季節が来るみたいですよ!


でお馴染みの鳥取県湯梨浜町からお届け!

加藤アプリです。


さてさて、先日ちょいとやらせていただきましたのよ。


講師。

21cdbcc285ef467d8d11bb74a8bf525f


こんな仕事が来るなんて、とても光栄な事でありますね。


ちなみに今回依頼をいただいたのは観光ガイドの会さん。

E3e7efaf95df4bd5b689f555f741485a



こんなプレスの強い、アグレッシブな研修内容。


お客さんの「つかみ方」なんて俺が知りたいわ!!とは思いつつ、自分も「つかみ」について調べました。

そしたら意外に勉強になりました(・∀・)


ちなみに今回の講習は1時間でしたが、気づいたらあっとゆーまでした。


A7aeeff7e1d643d29dc6625a4045dd4b


そして講習の、半分はあたくしがやりたかった、

「観光ガイドの会のうた」をみんなで作ること。

D1c62e4971284fdb94abce000f2dc2dd



みなさんとても前向きにうた作りに参加してくれたおかげで良い歌出来そう(・∀・)


講習の時間内では完成しませんでしたが、後日完成させる予定にある事をここに宣言致します。


とても良い経験をさせていただきました( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

それではまた、しーゆーれいたー♪(⚫️A⚫️)b

稲わらを集めて束ねて♪(⚫️A⚫️)b

2017年10月12日(木) | | コメント (0)

どぅみんご!!


本日は雨天なり。

冬の足音が聴こえて来そうなそんな一日でした。

そんな中、先日の農作業で初めて稲わらなるものに遭遇しました。

稲わらは→稲ww

ではなく稲の藁(わら)ですよ。

どこでツボってんねん!!てなるからね。

稲とは、収穫した稲の籾 (もみ) を取り去ったもの。むしろ・縄など藁工品の材料となるそうですのよ。


毎年この稲わらをいただいて、農園に持ち帰り、梨の樹の肥料として使うとの事です( ͡° ͜ʖ ͡°)

その稲わらを束ねる作業。

29d89a39381246b6a40bbbda85345f3f


束ねて束ねて束ねまくったら。


トラックに積んで積んで積みまくる。

71138d8b75554b299162455361a1b25d


そして農園に運び込み、時期になったら全面に敷くそうですのよ。

361e7b94bbd14e78b9f959234662ac7e


その前に、今は土壌改良のため土を掘り起こして空気を入れそこに肥料をまいている状態。

C68b09e9b3004046abfd465ec44a05ae



来年も美味しい実をつけてもらうために。


しーゆーれいたー♪(⚫️A⚫️)b